【注意】お金がないっていう人の間違ったお金の使い方3つ

こんにちは、黒猫(@kronekoblog)です。

 

今回は、

いつもお金がないと感じている人に限って、自覚のないままお金がなくなる、貯まらない生活を送っていることが多い傾向にあります。

お金ない猫

お金ない〜
いつも君はお金ないって言ってるね

黒猫

これからお話する内容は、あなたにとってお金が貯まらないといった原因になっているかもしれないのでチェックしてみてくださいね。

 

1 ギャンブル

お金がない人の特徴でも代表的なものとなります。

お金のない人は、パチンコ、スロット、競馬、競艇などのギャンブルが大好きです。

やっている人は「ギャンブル」はよくないって分かっているはずです。

それでも衝動に駆られてギャンブルに向かってしまう…それはギャンブル依存症です。

早めに気づいてくださいね。いいことないですよ。

【注意】大学生の時にギャンブルにはまって失ったもの

 

やっていない人もちょっとやってみようかな?って軽い気持ちで行くことはやめておきましょうね。

ギャンブル依存症じゃない人も最初は、ギャンブルはよく分かっていないで軽い気持ちで行った結果がギャンブル依存症となっているのです。

お金ない猫

そんなの自分の意思次第
そんなことないんだよ、自分でも止められないんだよ

黒猫

 

ですので、たとえまとまったお金が手に入ったとしても、それを元手に競馬やパチンコ、宝くじなどのギャンブルは絶対に行かないようにしましょう。

もしこれらのギャンブルを娯楽ではなく「投資」だと思っているのなら今すぐにやめることをおすすめします。

そもそも、競馬の還元率は約75%、パチンコは約85%と定められています。

これは、競馬は25%、パチンコは約15%が胴元の取り分で、その残りが参加者に分配されるということ。

たとえば、1万円を賭けた場合、競馬なら2500円、パチンコなら1500円を平均的に失うということです。

 

自分はやっていないから大丈夫!これからも行かないと思っている方でも、宝くじやtoto(サッカーくじ)も同じようにギャンブルです。

しかも、還元率は宝くじが約46%、totoは約50%という低さ。

宝くじの当選確率は信じられないくらい低いですよ!

  • 1等:2,000万分の1
  • 1等の前後賞:1,000万分の1
  • 2等:100万分の1

「1等当たる」「キャリーオーバー3億円」は大きな夢ですが、自分で起業して大成功するほうがずっと確率は高いでしょう。

2 見栄を張るためだけの買い物

見栄っ張りの人の多くはありのままの素の自分よりも、もっと大きく自分を良く見せたいと思っています。

他人に対して見栄を張る人は、本当は自分に対して自信がないから思わず見栄を張ってしまうという心理が隠されています。

逆に考えてみるとわかりやすいですが、自分自身にしっかりと自信を持っている人は人に対して大きく見せたりする必要がないですよね。

つまりお金を持っている人は、自信を持っていて見栄を張る必要がないのです。

 

なので、見栄を張るためだけの買い物はやめてみましょう。

そのお買い物自分に必要ですか?見栄を張るためだけのものではないですか?

そんなことを自分に問いかけてみましょう。

 

3 衝動的な欲望だけの買い物

衝動買いが多い人もお金がない人の特徴です。

衝動買いや暴飲暴食、お酒など、目先の欲望だけで計画性のない使い方をしてしまうと、お金はどんどん消えていきます。

欲しい!って思って買ってしまう人は注意ですね。

またお酒は缶ビールなら200円程度ですが、飲みに行けば5,000円〜10,000円といった金額が出ていってしまいます。

さらにキャバクラやクラブといった夜の街が好きなら、1晩で2〜3万円、多い人なら10〜20万円程度かかることも珍しくありません。

たばこをたしなむ程度ならストレス解消になりますが、依存状態になるとお金を失う原因になりますよ。

 

パッと物欲に走る前に、本当に必要なものかどうかを一度立ち止まって考えるくせをつけていきましょう。

 

お金がないっていう人のよくある間違ったお金の使い方3つのまとめ

  1. ギャンブル
  2. 見栄を張るためだけの買い物
  3. 衝動的な欲望だけの買い物

でした。

安定収入のある方にはたまになら気分転換で差し支えないかもしれませんが、ちょっと気を抜くとお金のない人の間違った使い方になってしまうかもしれないので注意が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA