【緊急】お金ない!やばい!どうしよう!今すぐお金が必要なときの対処法

こんにちは、黒猫(@kronekoblog)です。

 

 

給料日前でお財布の中が12円しか入っていない…

銀行のキャッシュカードに入ってるお金も500円以下…

困り猫

やばいよやばいよ!
出川さんになってるよ!大丈夫だから落ち着いて。

黒猫

お金がないとき…そんなときもありますよね。

まずは落ち着いてくださいね。焦ったら冷静な判断が出来なくなってしまいます。

今月はいけるかな?と思っても、急な出費が重なってお金が足りなくなることはめずらしいことではありません。

たとえば、友人の結婚式に参加することになってご祝儀が必要になったなど、、お金が必要になるケースは様々です。

お金がないときに慌てないでいいよう貯金ができていれば良いのですが、なかなかそうはいかないものです。

 

ここでは、手元にまとまったお金がないときに、お金を用意する方法をいくつかご紹介します。

いつまでにお金が必要なのか?といったことでお金を用意する方法は変わっていますが、今回は、「【緊急】今すぐお金が必要!」で、今すぐもしくは1日後、2日後にはお金を用意しなければならない方法をお話します。

緊急でお金が必要な場合の5つの対処法

親や家族に借りる

親や家族に相談できるのであれば、相談しましょう。

キャッシングやカードローンを使うよりも相談するのがいいです。

いきなり「お金かしてほしい」ではなくて、「理由」を伝えた上で「返す日の予定」をしっかり伝えましょう。

大切な親や家族を失いたくないなら、嘘はダメですよ。

親や家族にとっても、あなたは大切な子供や家族です。

あなたがどうしてもお金が必要な理由を本音で伝えたら、貸してくれるかもしれません。

たった数千円でも、返さなければ信用を失ってしまうこともあります。

ですので、「理由」「返済日」を守って相談してみてはいかがですか?

ものを売る

身の回りに処分できそうな物や、あまり使っていない物があれば売ってお金に替えることもできます。

身の回りに置いてあるもので、見渡してみたら使っていないものが結構あったりします。

趣味で集めていたものでも希少価値のあるものは高く売れたりします。

ブランド品・ゲーム機などは、比較的高値で質屋や専門店で簡単にお金に替えることができます。

お金になりそうだけれど手放したくない物がある場合は質屋を活用してみましょう。

困り猫

質屋って買い取ってくれるだけじゃないの?
質屋は「買取」と「質預かり」の二種類があるんだよ

黒猫

質屋では品物を預かってお金を貸す「質預かり」だけでなく、不要になった品物などを買い取ってもらう「買取」も行っています。

利息はとられますがお金を返せば品物が戻ってきますので、一時的なピンチをしのぐ方法として有効です。

対処法3 クレジットカードを活用する

直接的な現金を用意する方法ではないですが、クレジットカードを使うという手段も有効です。

お金がない時はクレジットカード払いを利用し、手元にある現金を極力減らさないようにすることもできます。

ただし、クレジットカード払いは支払いが先延ばしになるだけで後日請求がやってきます。支払期日までに支払える分だけ利用するようにしましょう。

困り猫

これだとすぐ現金が手に入らないよ〜(汗)
クレジットカードで商品を買って換金する方法もあるんだ。ちょっとグレーな方法だけどね

黒猫

クレジットカードを持っている場合では少し金額は少なくなってしまいますが、クレジットカードで商品を購入し換金する方法があります。一番手っ取り早い商品は商品券です。

商品券を購入しそのまま金券ショップで換金します。しかし、同じ10000円でも金券ショップに売ったら10000円以下でしか売れないのでそこは理解しておかないといけません。

そして数週間後にはクレジットカードで買った金額の引き落としも待っていますので、あくまで一時的な方法です。

対処法4 クレジットカードでキャッシングする

困り猫

キャッシングってなに?
多くのクレジットカードにはキャッシング枠というのが付いていて現金を借りられる機能のことだ

黒猫

キャッシング枠が付いているクレジットカードを持っている場合、ATMでそのカードを使ってお金を借りることができます。

キャッシングの利用は借入額に対して利息がかかりますが、仮に5万円を30日間借りたとしても740円しか利息はかかりません。

キャッシングは今すぐ現金が必要な時にとてもに便利です。

<利息の計算方法>
借りる金額×0.18(金利18.0%)÷365日×借りる日数=利息
(金利はほとんどのクレジットカードが年18.0%です)
5万×0.18÷365×30=739…

ですが、キャッシングは借金をすることです。

安易に利用するのではなく、返済のこともしっかりと考え計画的に利用するようにしましょう。

対処法5 カードローンでお金を借りる

カードローンは簡単にすぐにお金を借りることができますので、ピンチを乗り越えることもできます。

最初からお金を借りるのが目的であれば、クレジットカードキャッシングよりもカードローンの方が低金利なのでお得です。

アコムやプロミスなどの消費者金融なら、即日で直接口座へ振り込みなどの対応ができます。

最短1時間で借入ができますし、30日間の無利息サービスもあるので支払う利息も減らすことができます。

困り猫

なんとなく消費者金融って怖いけど…
そういうイメージあるよね。ちゃんと返せる計画がある人ならおすすめかな

黒猫

無利息期間内に全額返済できる場合には利息は一切かかりません。

カードローンを使用している人は「お金を借りるのを知られたくない人が多い」という人も多く、家族にバレないように名前を伏せて入金してくれたりするので安心です。

カードローンを使う場合でも、返済のこともしっかりと考え計画的に利用するようにしましょう。

カードローンは2種類ある!賢い選び方

困り猫

カードローンをする前に知っておいたほうがいいことある?
カードローンには2種類あるから、それだけ知っておけば損することはないだろうね。

黒猫

消費者金融の金利は年3.0%〜18.0%なのに対して銀行カードローンは年1.8%〜14.6%となっています。

金利だけ見ると銀行カードローンを利用した方が支払利息を減らせると勘違いしそうですが、実際には消費者金融を利用した方がお得なケースもあります。

これには無利息期間が関係しています。

多くの大手消費者金融には「30日間無利息」の無利息サービスがありますが、ほとんどの銀行カードローンにはありません。

ですので、短期間だけお金を借りるなら無利息期間がある消費者金融の方がお得です。

短期間(5ヶ月以内)だけお金を借りるなら無利息の方がお得

「30日間無利息」がある場合の消費者金融と銀行のカードローンでは、どれほど違いがあるのか見てみよう

黒猫

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%。

無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14%で計算しています。
(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数 消費者金融 30日間無利息 銀行カードローン 無利息期間なし
30日 0円 1,191円
60日 1,479円 2,383円
90日 2,958円 3,575円
120日 4,438円 4,767円
150日 5,917円 5,958円
180日 7,397円 7,150円

 

つまり150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方がお得であることがわかります。

180日以上の借入を予定している場合は低金利の銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

困り猫

早く返せるなら消費者金融の方がいいってことか!

無利息期間がある大手のカードローン

初めて借りるなら大手のカードローンのほうが安心だよね。今はどの比較サイトみてもプロミスが一番評価いいね。

黒猫

それだけ大手ということは、多くの人に支持されているという意味でもありますし、借りる人の悩みもよくわかっているので、安心して借りることができます。

たとえば、誰にもバレずに借りたいとか、郵便物は届けないで欲しい、メールも送らないで欲しいなど借りた後でも要望が多く通ります。

対応も丁寧で、ストレスなく安心して借りることができるでしょう。

ただし、あくまでも借金です。

返済のこともしっかりと考え計画的に利用するようにしましょうね。

困り猫

プロミスに行ってきます計画OK〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA