黒猫がフリーライターになったわけ

黒猫

こんにちは、黒猫(@kronekoblog)です。

 

今回は、僕が現在のフリーライターになるまでの経緯をお話ししていきます。

僕は現在28歳。

 

何も行動しない人間でした。

子供の頃から本当に得意なことはなく、コミュニケーションも
苦手だったんで友達も多くありませんでした。

小学校中学校は、サッカーをやっていて、
高校生になったら、軽音楽部でバンドを組んで音楽をやっていました。

なので今もサッカーと音楽は好きです。

まあやってたといっても、続けているわけではなく結局、中途半端になってしまったんですけど、、、

 

高校生の時に、僕の父が務めていた会社の社長さんと話す機会がありまして

大きくは、ない会社なんですけどビジネスはうまくいっていてその社長さんが自由に生活しているのを知って漠然と僕も「いつかは社長になりたい」と思っていました。

「いつかは社長になって成功する」

なんて根拠のない自信だけを持ちながら、特に何を始めるわけでもなく普通に過ごしていました。

何かを成し遂げるなんて経験もなかったので、会社の社長になるなんて口だけで終わってしまう夢のまた夢でした。

 

実際に結局、大学卒業後は就職活動がやりたくないという理由で、つまり遊びたいっていう理由で(笑)、当時アルバイトしていたピザ屋に就職しました。

大学生のときの失敗はこちら
後悔しない黒猫の人生で一番後悔したこと

でも、そこのピザ屋の上司に出会ったことで、僕の人生は思わぬ方向にいくようになりました。

その上司は厳しい人だったのですが、必ず結果を出すような人を惹きつける魅力のある人で僕は尊敬していました。

上司が起業するってさ

僕が就職して3年ぐらい経った時にその上司が起業すると言い出したんですね。

 

その起業の話を聞いていると、なんか楽しそうだなと思って…

僕は、直感的にピザ屋を辞めてその上司についていくことにして、一緒に会社をスタートさせました。

 

起業した会社は、集客代行です。

チラシの作成からポスティングをしたり、DMを作って郵送するなどが作業内容です。

スタートしたはいいんですけど…

 

やっぱり甘くなかった

集客代行なのに、集客が出来ない。っていう事態でした。

半年間、5件しかお客さんしか獲得することは出来なかったのです。

 

その時に、

焦って新しいビジネスも始めました。

洗車のビジネスも、レンタルプリンターの事業も、害虫駆除などもやりました笑

もう何屋さんだってなったんですけど…笑

でも結局中途半端になり思ったように集客出来ずにやめることとなり、何もかもがうまくいきませんでした。

家族に「会社、どうなの?」

って聞かれてもやっぱり心配かけたくなかったんで、うまくいっている風を装っていました。

現実は、休みなく1日20時間働く日が続いても、個人的な支払いも遅れ続けて、肉体的にも精神的にも参っていました。

起業って厳しい。それは腐る程聞いたことあったし、起業する前も調べまくって「起業はやめとけ!」なんて情報もたくさんいれて

本当に厳しかった(笑)

 

新しく始めた事業、展開してもうまくいかなかったので、もう最初に始めた集客代行のビジネスを伸ばしていくしかありませんでした。

ここでまた、一個出会いがありました。それは、

セールスライティングの出会い

現状をどうにか変えるのは自分しかいないと思い、その一心で、現状を打破できる「なにか」を探していたところセールスライティングに出会いました。

セールスライティングというのは、簡単にいうと「売る文章を書く人」。

 

すみません、正確には、
上司が見つけて来ました(笑)

そのセールスライティングのスキルは、
すぐに集客代行ビジネスに使えるものだったので、学んですぐ実践、学んですぐ実践を繰り返すようにやってったんですね。

 

そうしたら、いつの間にか自分の会社の集客がうまくいくようになってきました。

そこからブログで情報発信もするようになり自分たちで営業を掛けなくても、お客さんの方から来てくれるようになりました。

 

正直、

セールスライティングに魅了されっぱなしでした

ここでですね、僕もマーケティングとかセールスライティングを学んでいるうちに

「自分でビジネスをやりたい」って思うようになったんですね。

一緒に始めたピザ屋の上司には申し訳なかったんですけど、上司には想いを伝えてフリーランスのライターとなりました。

 

ここでまた、

一人でやり始めても
うまくいくわけではなく…

 

アルバイトもしました。

26歳がアルバイトしたらモテまくった話(準備中)(笑)

アルバイトの収入がないと生活できないような状況が続いていたんですけど、逆に言えば、アルバイトの収入があればなんとか生活はできてしまうので、それに甘えた日々を1年半くらい過ごしてしまいました。

今思えばそうなってしまったきっかけは、ピザ屋の激務と起業しての会社で精神的にも肉体的にも自分の限界を超えて働いていた気がするので、

「燃え尽き症候群」だったのかもしれません。

 


なんとか生活できてしまうから、ライターとしてやらなきゃいけないことがあるのに、面倒くさい、明日やればいいや、今はこれをやるべきじゃない、

 

なんて、言い訳のオンパレードでした(笑)

 

僕はつくづく自分に甘いと思います

でもいつまでもそんな自分は嫌だって気持ちもありました。

 

いい加減自分を変えたいと思いました。

 

僕の場合、自分にとことん甘いんで環境から変えて自分を追い詰めようと思いました。

 

 

そこで「何か」変えようと思って僕は、

環境から変えることにしました

で、それがアルバイトを辞めてくる、です。

 

もうそうしたらやるしかなくなりました。

やるしかない、やるしかない、やるしかない、僕の一番のモチベーションは、

 

「やらなきゃ支払いできない」

それでした(笑)

 

 

その結果、自分でもびっくりしたんですが2ヶ月で仕事の方から僕に来てくれるようになりました。

でもこれを観ているあなたにリスクを負えって話ではなくて、こんな僕でも諦めなかったら、できたってことも伝えたいと思っています。

 

僕のブログを通して救われる人ができたら嬉しい。

その思いで始めた黒猫ブログです。

 

というわけで、自己紹介はこれで終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

いつかあなたとお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

追伸

お気づきかもしれませんが、猫の写真が3回登場しました。
猫が好きなんです。猫アレルギーですが(泣)