初心者ブロガーは失敗談を書けば成功する〜失敗談を書くメリット

こんにちは、黒猫(@kronekoblog)です。

 

初心者ブロガーの大きい悩みとして、「何を書けばいいのか分からない」「書くネタが見つからない」「どんなことを書けばアクセスが集まるのか分からない」といったお悩みがありますよね。

僕もこのブログをやる前に、トレンドブログ(旬な記事を書く)をやっていて、わずか1ヶ月程度で挫折してしまった経験があります。

そこで、僕と同じお悩みを持ったような方におすすめしたいのが、今回お話する「失敗談」を書くということです。

誰しもがある失敗談…経験からかけることなので、初心者でも描きやすいのではないかと思います。

「こうしておけばよかったな…」とか「もう2度とあんな思いはしたくない」なんて思うことは一つや二つでもないはず。

この「失敗談を書く」ことによってもたらされるメリットがありますので、解説していきます。

 

ブログに失敗談を書いた方が良い理由3つ

失敗談というと恥ずかしい気持ちやそんなの言いたくないと思われるかもしれませんがもちろん無理に書く必要はありません。

次の3つのメリットからぜひ判断してくださいね。

失敗談を通じてあなたの人柄を伝えられる

失敗談を話すことで「あなた」という人をわかってもらえることができます。

役に立つ便利なキュレーションサイト(まとめサイトのようなもの)もたくさんある中で、個人ブログのような親しみのあるブログを求めている人はたくさんいます。

検索上位の鍵を握っているGoogleは、役に立たないキュレーションサイトや正論しか書いてないライター頼みのサイトばっかり上位表示してたら、Google離れはすすんでしまうと恐れているはず。

ですので、人柄を伝える温かみのある個人ブログの需要はあるので、その個人ブログに来てくれた読者の心を掴めるのが失敗談を通してあなたの人柄を伝えられるというのはとても重要です。

人柄を伝えられるというのは、あなたの世界観や考えが伝えることができます。

失敗談を伝えることで安心感を与えられる

あなたがアフィリエイトをやって商品を紹介していたり、これから紹介する商品を買ってほしいと思うのであれば、この失敗談を伝えることは安心感を与えることができるので有利にはたらきます。

ただの商品の特徴を伝えて「いい商品です」と言っているサイトでは、読者は安心感に欠けることがあります。

「この人の言っていること本当だろうか?」なんて思うこともあるはず。

失敗談はとてもリアルで共感を生みやすいので、

「この人の言うことは信用できる」となってそれが安心感に繋がります。

内部リンク先をしっかり読んでもらう事でドメインを強くなる

人柄をわかってもらえて、安心感があれば記事を最後まで読んでくれる確率がかなりあがります。

そして読み終わった頃には、自分を同じような仲間に思ったり、信用できると感じているので「この人の記事をもっと読みたい」「もっといい情報ないかな?」とさらにあなたに対する関心が強くなっています。

そこで内部リンクを用意しておけば、他の記事も読んでくれる可能性が高くなります。

ページをたくさん読んでくれることによって、Googleに読者にとって有益な記事と評価されて、検索上位になってアクセスが増えるようになってきます。

ブロガーの目的は人それぞれで多くの人に自分の情報を発信したいだけの人もいれば、アクセスを集めて収益にしたいといます。

なのでブロガーにとってはアクセスを集めることは、重要なはず。

この内部リンクを仕込むことによってドメインを強くすることは、簡単で有効な手段なのです。

関係のない無理やりな失敗談はNG

関係のない記事から無理やり失敗談につなげるのはNGです。

たとえば、ギャンブル中毒を防ぐ記事からの借金の失敗談はOKですが、「本」のレビュー記事で「ところで、私には借金をした経験がありまして…」はNGです。

リンク元の記事とリンク先の記事は、関連性つけていきましょう。

 

では、以上となります。

失敗談誰もがあって初心者にとってもまたはそれ以上になっても価値のある記事となりますし、簡単に欠けると思うのでおすすめです。

最後に例として、僕の失敗談の記事もありますので、書き方などを参考にしてみてください。

【依存症注意】大学生の時にギャンブルにはまって失ったもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA